警備員です、最近ヒマが多くなっています。


by qttcmsbt9o
 明石康元国連事務次長は9日、都内で開かれた内外情勢調査会の懇談会で講演し、菅直人新内閣に対して国連平和維持活動(PKO)への積極参加と、削減の続く政府開発援助(ODA)の増額転換を提言した。
 明石氏は「日本の行方 『引きこもり国家』からの脱却」と題した講演で、「国際社会で日本の存在感は低下しており、国内でも国民全体に元気がない」と指摘。新内閣発足を機に「国際的責任感を持ち、外に開かれた国」とするため外交政策で発想の転換を期待したいと訴えた。
 その上で、PKOなど平和構築活動の強化や途上国支援の拡大が求められると述べる一方、「世界に広く人材を求めることで日本を活性化すべきだ」として移民受け入れも提唱した。 

【関連ニュース】
【動画】菅直人首相、就任初会見
【特集】菅直人内閣閣僚名簿
鳩山首相が漏らしていた「辞意」
〔写真特集〕鳩山首相、苦悩の1カ月
菅首相の取材「1日1回」=官邸が内閣記者会に提案

最後は燃え尽きる… けなげ「はやぶさ君」に共感広がる(産経新聞)
他施設受診時の取り扱い「まだ混乱」―日医(医療介護CBニュース)
菅首相会見速報(4)「官僚こそプロ、その力使って政策進める」(産経新聞)
警察への相談、2%減少=「振り込め」大幅減が影響か―警察庁(時事通信)
【科学】「ブレ球」に迫る 無回転シュート ボール後方に渦(産経新聞)
[PR]
# by qttcmsbt9o | 2010-06-15 12:03
 京都地検で取り調べを受けた際、検事2人に侮辱されたうえ、弁護人との信頼関係も傷つけられたとして、当時少年だった男性(22)と、弁護人だった京都弁護士会所属の谷山智光弁護士(34)が、国に660万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決が27日、大阪高裁であった。

 岩田好二裁判長は一部の取り調べについて違法性を認めたが、「弁護人との信頼関係を壊したとまではいえない」として、66万円の支払いを命じた1審・京都地裁判決を変更し、賠償額を22万円に減額した。

 判決によると、男性は2007年秋、京都市内のコンビニエンスストアで万引きし、店員に暴行したとして強盗致傷容疑で取り調べを受け、検事に「お前はくずや」「あんな先生(弁護士)がついて、運が悪い」などと言われた。男性は少年審判で保護観察処分になった。

 岩田裁判長は、男性が取り調べ状況を記した被疑者ノートの内容から「検事の発言は説得や追及の範囲を超えていた」と認定したが、「谷山弁護士が接見する権利まで侵害したとは認められない」と述べた。

 京都地検の大坪弘道次席検事の話「関係機関と協議の上、判決を精査して適切に対応したい」

逃走中? 電車にはねられ死亡=男性が踏切立ち入る―東京・八王子(時事通信)
郵政改革法案 衆院本会議で可決 参院に送付へ(毎日新聞)
「確実にころします」ツイッターで元交際相手の女性脅迫 男を逮捕(産経新聞)
射撃!全面戦争! 吠える北朝鮮 軍事行動に踏み切るか?(産経新聞)
ツイッターが「つぶやき広告」禁止 日本の広告代理店も困惑(J-CASTニュース)
[PR]
# by qttcmsbt9o | 2010-06-03 17:06
 午前7時1分、公邸発。(了)

小川直也も谷亮子出馬を批判 政治と柔道の両立「絶対に無理」(J-CASTニュース)
ワクチン投与で地元首長と協議=「農家の理解得たい」―山田農水副大臣(時事通信)
口蹄疫 ワクチンの接種開始 家畜20万頭を対象に(毎日新聞)
自民、福島消費者相の不信任検討…普天間対応で(読売新聞)
“橋下派”が初の府議会、議長取りにも意欲(読売新聞)
[PR]
# by qttcmsbt9o | 2010-05-27 14:35
 提訴から2年余、B型肝炎訴訟の和解協議が14日ようやく始まり、放置されてきた予防接種による感染被害者の救済が一歩近付いた。この日、法廷に入った札幌市内の匿名原告の女性(43)は、病気が原因で何度も転職を余儀なくされた。感染が分かってからの20年、「差別と偏見の中で生きてきた」と語る彼女は、訴訟の解決がB型肝炎という病気を知ってもらう機会になることを、強く願う。【久野華代】

 23歳の時の血液検査で、B型肝炎のキャリアー(持続感染者)と診断された。母親は感染しておらず、子供のころに輸血を受けた経験もない。集団予防接種による感染が疑われた。自覚症状はなく「これまでの生活と変わらない」と深刻に受け止めなかったが、周囲は違った。

 検査のため会社を休んだら、日常生活では通常感染しないにもかかわらず「病気がうつる」との間違ったうわさが広まった。仕事以外で話し掛けてくれる同僚がいなくなり、いづらくなって2年後に辞めた。感染を打ち明けて相手の態度が変わることを恐れ、恋愛や友達付き合いもおっくうになった。

 退職後、青年海外協力隊に応募した。持っていた幼稚園教諭の資格を生かし、開発途上国の子供たちの教育に携わりたいと思ったからだ。だが、試験は不合格。理由を尋ねたら「病気を治してから来てください」と言われた。応募時に提出した血液検査結果が問題視されたのか。「語学力や専門知識が足らないなら、勉強してもう一度トライすればいい。だけど、この体は克服できない」と思い、挑戦は一度きりで終わった。

 結婚、出産、その後の離婚を経た06年、既に肝硬変の一歩手前の慢性肝炎に悪化していることが分かった。この時、長女はまだ3歳。「このままだと肝がんになり、お子さんが大きくなるまで生きられない」と医師に告げられ、強い疲労感や治療のため、会社を辞めた。

 今は肝臓の数値も落ち着いているが「私が死んだら、娘の成長を支える経済的基盤がなくなる。高校にも行けなくなる」との不安が消えることはない。

 この日の法廷。謝罪も具体案の提示もない国側の対応には誠意を感じられず、怒りがこみ上げた。解決の日はいつなのか。

 「仕事も、恋も、夢も、みんなウイルスに阻まれてきた。和解内容には、国の責任でB型肝炎の正確な知識を伝えることを盛り込んでほしい」

【関連ニュース】
B型肝炎訴訟:国側、和解勧告受け入れ表明 札幌地裁
B型肝炎訴訟:弁護士や医師の卵 朗読劇で原告支援
B型肝炎訴訟:和解協議へ 原告「1日も早く解決案示せ」
B型肝炎訴訟:閣僚会議で政府方針を決定 和解協議へ
B型肝炎訴訟:原告が抗議行動…厚労相面談拒否で

フジ・メディア、最終利益が半減 広告収入落ち込み(産経新聞)
津波の恐怖 時超え伝える 八戸海保で被害写真50枚発見(河北新報)
<電動立ち乗り二輪車>「セグウェイ」で東京湾岸を散歩(毎日新聞)
<訃報>森内信康さん75歳=将棋棋士・森内俊之九段の父(毎日新聞)
新規国債発行額上回らないよう歳出削減−民主マニフェスト企画委(医療介護CBニュース)
[PR]
# by qttcmsbt9o | 2010-05-18 18:46
 将棋の羽生善治3冠(名人、棋聖、王座)に三浦弘行八段が挑戦する第68期名人戦7番勝負の第3局が、6日から千葉県野田市の市民会館で行われ、7日午後9時30分、132手で後手の羽生が勝ち、3連勝で名人防衛に王手をかけた。持ち時間各9時間のうち、残りはともに1分。第4局は18、19の両日、福岡市の城南クラブで行われる。 

【関連ニュース】
「もう一花、全盛期の将棋を」=旭日双光章の内藤国雄さん
羽生が2連勝=将棋名人戦
羽生が先勝=将棋名人戦
iPad向けに配信開始=解像度高める
久保が初防衛=将棋棋王戦

2歳女児連れ去る=母親の元交際相手、容疑で逮捕−千葉(時事通信)
横須賀の男性殺害、参考人男性が飛び降り自殺か(読売新聞)
<東京駅>JR東海の55歳社員が転落死 自殺か(毎日新聞)
マニフェストの記載項目、13日にも「たたき台」−民主党企画委(医療介護CBニュース)
2歳男児はねられ死亡 滋賀・甲賀市(産経新聞)
[PR]
# by qttcmsbt9o | 2010-05-11 02:54