警備員です、最近ヒマが多くなっています。


by qttcmsbt9o

カテゴリ:未分類( 66 )

 明石康元国連事務次長は9日、都内で開かれた内外情勢調査会の懇談会で講演し、菅直人新内閣に対して国連平和維持活動(PKO)への積極参加と、削減の続く政府開発援助(ODA)の増額転換を提言した。
 明石氏は「日本の行方 『引きこもり国家』からの脱却」と題した講演で、「国際社会で日本の存在感は低下しており、国内でも国民全体に元気がない」と指摘。新内閣発足を機に「国際的責任感を持ち、外に開かれた国」とするため外交政策で発想の転換を期待したいと訴えた。
 その上で、PKOなど平和構築活動の強化や途上国支援の拡大が求められると述べる一方、「世界に広く人材を求めることで日本を活性化すべきだ」として移民受け入れも提唱した。 

【関連ニュース】
【動画】菅直人首相、就任初会見
【特集】菅直人内閣閣僚名簿
鳩山首相が漏らしていた「辞意」
〔写真特集〕鳩山首相、苦悩の1カ月
菅首相の取材「1日1回」=官邸が内閣記者会に提案

最後は燃え尽きる… けなげ「はやぶさ君」に共感広がる(産経新聞)
他施設受診時の取り扱い「まだ混乱」―日医(医療介護CBニュース)
菅首相会見速報(4)「官僚こそプロ、その力使って政策進める」(産経新聞)
警察への相談、2%減少=「振り込め」大幅減が影響か―警察庁(時事通信)
【科学】「ブレ球」に迫る 無回転シュート ボール後方に渦(産経新聞)
[PR]
by qttcmsbt9o | 2010-06-15 12:03
 京都地検で取り調べを受けた際、検事2人に侮辱されたうえ、弁護人との信頼関係も傷つけられたとして、当時少年だった男性(22)と、弁護人だった京都弁護士会所属の谷山智光弁護士(34)が、国に660万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決が27日、大阪高裁であった。

 岩田好二裁判長は一部の取り調べについて違法性を認めたが、「弁護人との信頼関係を壊したとまではいえない」として、66万円の支払いを命じた1審・京都地裁判決を変更し、賠償額を22万円に減額した。

 判決によると、男性は2007年秋、京都市内のコンビニエンスストアで万引きし、店員に暴行したとして強盗致傷容疑で取り調べを受け、検事に「お前はくずや」「あんな先生(弁護士)がついて、運が悪い」などと言われた。男性は少年審判で保護観察処分になった。

 岩田裁判長は、男性が取り調べ状況を記した被疑者ノートの内容から「検事の発言は説得や追及の範囲を超えていた」と認定したが、「谷山弁護士が接見する権利まで侵害したとは認められない」と述べた。

 京都地検の大坪弘道次席検事の話「関係機関と協議の上、判決を精査して適切に対応したい」

逃走中? 電車にはねられ死亡=男性が踏切立ち入る―東京・八王子(時事通信)
郵政改革法案 衆院本会議で可決 参院に送付へ(毎日新聞)
「確実にころします」ツイッターで元交際相手の女性脅迫 男を逮捕(産経新聞)
射撃!全面戦争! 吠える北朝鮮 軍事行動に踏み切るか?(産経新聞)
ツイッターが「つぶやき広告」禁止 日本の広告代理店も困惑(J-CASTニュース)
[PR]
by qttcmsbt9o | 2010-06-03 17:06
 午前7時1分、公邸発。(了)

小川直也も谷亮子出馬を批判 政治と柔道の両立「絶対に無理」(J-CASTニュース)
ワクチン投与で地元首長と協議=「農家の理解得たい」―山田農水副大臣(時事通信)
口蹄疫 ワクチンの接種開始 家畜20万頭を対象に(毎日新聞)
自民、福島消費者相の不信任検討…普天間対応で(読売新聞)
“橋下派”が初の府議会、議長取りにも意欲(読売新聞)
[PR]
by qttcmsbt9o | 2010-05-27 14:35
 提訴から2年余、B型肝炎訴訟の和解協議が14日ようやく始まり、放置されてきた予防接種による感染被害者の救済が一歩近付いた。この日、法廷に入った札幌市内の匿名原告の女性(43)は、病気が原因で何度も転職を余儀なくされた。感染が分かってからの20年、「差別と偏見の中で生きてきた」と語る彼女は、訴訟の解決がB型肝炎という病気を知ってもらう機会になることを、強く願う。【久野華代】

 23歳の時の血液検査で、B型肝炎のキャリアー(持続感染者)と診断された。母親は感染しておらず、子供のころに輸血を受けた経験もない。集団予防接種による感染が疑われた。自覚症状はなく「これまでの生活と変わらない」と深刻に受け止めなかったが、周囲は違った。

 検査のため会社を休んだら、日常生活では通常感染しないにもかかわらず「病気がうつる」との間違ったうわさが広まった。仕事以外で話し掛けてくれる同僚がいなくなり、いづらくなって2年後に辞めた。感染を打ち明けて相手の態度が変わることを恐れ、恋愛や友達付き合いもおっくうになった。

 退職後、青年海外協力隊に応募した。持っていた幼稚園教諭の資格を生かし、開発途上国の子供たちの教育に携わりたいと思ったからだ。だが、試験は不合格。理由を尋ねたら「病気を治してから来てください」と言われた。応募時に提出した血液検査結果が問題視されたのか。「語学力や専門知識が足らないなら、勉強してもう一度トライすればいい。だけど、この体は克服できない」と思い、挑戦は一度きりで終わった。

 結婚、出産、その後の離婚を経た06年、既に肝硬変の一歩手前の慢性肝炎に悪化していることが分かった。この時、長女はまだ3歳。「このままだと肝がんになり、お子さんが大きくなるまで生きられない」と医師に告げられ、強い疲労感や治療のため、会社を辞めた。

 今は肝臓の数値も落ち着いているが「私が死んだら、娘の成長を支える経済的基盤がなくなる。高校にも行けなくなる」との不安が消えることはない。

 この日の法廷。謝罪も具体案の提示もない国側の対応には誠意を感じられず、怒りがこみ上げた。解決の日はいつなのか。

 「仕事も、恋も、夢も、みんなウイルスに阻まれてきた。和解内容には、国の責任でB型肝炎の正確な知識を伝えることを盛り込んでほしい」

【関連ニュース】
B型肝炎訴訟:国側、和解勧告受け入れ表明 札幌地裁
B型肝炎訴訟:弁護士や医師の卵 朗読劇で原告支援
B型肝炎訴訟:和解協議へ 原告「1日も早く解決案示せ」
B型肝炎訴訟:閣僚会議で政府方針を決定 和解協議へ
B型肝炎訴訟:原告が抗議行動…厚労相面談拒否で

フジ・メディア、最終利益が半減 広告収入落ち込み(産経新聞)
津波の恐怖 時超え伝える 八戸海保で被害写真50枚発見(河北新報)
<電動立ち乗り二輪車>「セグウェイ」で東京湾岸を散歩(毎日新聞)
<訃報>森内信康さん75歳=将棋棋士・森内俊之九段の父(毎日新聞)
新規国債発行額上回らないよう歳出削減−民主マニフェスト企画委(医療介護CBニュース)
[PR]
by qttcmsbt9o | 2010-05-18 18:46
 将棋の羽生善治3冠(名人、棋聖、王座)に三浦弘行八段が挑戦する第68期名人戦7番勝負の第3局が、6日から千葉県野田市の市民会館で行われ、7日午後9時30分、132手で後手の羽生が勝ち、3連勝で名人防衛に王手をかけた。持ち時間各9時間のうち、残りはともに1分。第4局は18、19の両日、福岡市の城南クラブで行われる。 

【関連ニュース】
「もう一花、全盛期の将棋を」=旭日双光章の内藤国雄さん
羽生が2連勝=将棋名人戦
羽生が先勝=将棋名人戦
iPad向けに配信開始=解像度高める
久保が初防衛=将棋棋王戦

2歳女児連れ去る=母親の元交際相手、容疑で逮捕−千葉(時事通信)
横須賀の男性殺害、参考人男性が飛び降り自殺か(読売新聞)
<東京駅>JR東海の55歳社員が転落死 自殺か(毎日新聞)
マニフェストの記載項目、13日にも「たたき台」−民主党企画委(医療介護CBニュース)
2歳男児はねられ死亡 滋賀・甲賀市(産経新聞)
[PR]
by qttcmsbt9o | 2010-05-11 02:54
 岩手県遠野市のあえりあ遠野で20日から行われた第68期名人戦七番勝負(毎日新聞社、朝日新聞社主催、大和証券グループ協賛)の第2局は21日午後7時49分、93手で羽生善治名人(39)が挑戦者の三浦弘行八段(36)を破り、2連勝した。残り時間は羽生36分、三浦29分。第3局は5月6、7日、千葉県野田市の同市民会館・旧茂木佐邸で行われる。

 羽生が踏み込み鋭く攻め込み、三浦に粘る余地を与えずに快勝。3連覇へ向けてリードを広げた。

 横歩取りの中でも激しい定跡をたどった本局は、三浦が自身の研究範囲に羽生を引き込んだ感もあった。だが羽生は動じず、5三桂成(47手目)と強手を放って攻め合い勝ちを目指す。三浦にどこかで誤算があったらしく、羽生が優位に立った。

 羽生は自玉を9筋まで逃がして安全にし、5七桂(71手目)と寄せの網を絞る。最後は後手玉を受けのない状態に追い込み、対三浦戦の連勝を12に伸ばした。【山村英樹】

安藤前知事に控訴審判決へ=宮崎談合・汚職事件−福岡高裁支部(時事通信)
「小沢君は死んでも辞めない」と渡部恒三氏(読売新聞)
辺野古「浅瀬」案 地元は条件次第で受け入れの動きも 首相への不信ますます (産経新聞)
山崎さんシャトル、帰還へ=天候不良で再挑戦−米ケネディ宇宙センター(時事通信)
<天皇、皇后両陛下>武蔵野陵に参拝(毎日新聞)
[PR]
by qttcmsbt9o | 2010-04-24 09:17
 足利事件で再審無罪判決が確定した菅家利和さん(63)は14日、失っていた選挙権を回復した。栃木県足利市選挙管理委員会が同日、選挙人名簿に菅家さんの名前を登録。平成12年7月に最高裁で無期懲役刑が確定して以来、10年ぶりの回復となった。

 菅家さんは「昔は必ず選挙に行っていたので、選挙権が復活し非常にうれしい。今後は足利市民として選挙に行くことで社会に参加したい」とコメントした。

【関連記事】
「治安維持に全力」 宇都宮地検の谷川新検事正が会見 栃木
流した涙、冤罪防ぐ道標に 中立的な第三者機関が必要
裁判員に“真実の声”届くか 弁護側も原点に返る必要性
DNA型鑑定、もろ刃の剣 過信しすぎた「戒め」
「反省に立ち再出発」 栃木県警、署長会議で
外国人地方参政権問題に一石

<掘り出しニュース>銀閣寺、2階内部に漆 創建時の輝きに……ただし拝観不可(毎日新聞)
<強風>北海道で40.6メートル記録 秋田ではけが人も(毎日新聞)
部下暴行容疑、福岡県警警部補を書類送検(読売新聞)
田辺三菱を業務停止…子会社の新薬データ改ざんで(読売新聞)
都の漫画児童ポルノ規制 民主、代案提出を検討(産経新聞)
[PR]
by qttcmsbt9o | 2010-04-21 17:16
 平野博文官房長官は15日午前の記者会見で、米軍普天間飛行場移設問題について「(5月中に)閣議決定か了解かは別にして、何らかの意思は明らかにしなければならない」と述べた。 

【関連ニュース】
岡田外相と米大使が電話協議=普天間
「最大の敗者は鳩山首相」=核サミット、勝者は中国主席
普天間見直し案、正式提起とみなさず=地元合意・軍の運用に問題
「決着」、米と地元の合意必要=普天間移設で鳩山首相強調
首相秘書官が米副長官と会談=普天間移設など協議か

中国電部長が自殺か=原発点検漏れ問題を担当−島根(時事通信)
<野菜高騰>スーパーは出血覚悟の「大放出セール」(毎日新聞)
[タイ]反政府集会が3日目に 血液を首相府前にぶちまける
<文科省職員>女性のバッグから財布 窃盗未遂容疑で逮捕(毎日新聞)
【新・関西笑談】あこがれの果実の味は(1)(産経新聞)
[PR]
by qttcmsbt9o | 2010-04-19 20:27
 【大連(中国遼寧省)=大木聖馬】中国遼寧省大連で麻薬密輸罪に問われ、2009年4月に死刑が確定した赤野光信死刑囚(65)=大阪府出身=に対する刑執行が5日、収監先の大連看守所で行われる。

 中国で日本人に対する死刑執行は、1972年の国交回復以来初めて。中国政府は、別の3人の日本人死刑囚に対する刑執行も8日に行うと日本政府に通告しており、日本人死刑囚への相次ぐ刑執行は、日中関係に影響を及ぼす可能性がある。

 赤野死刑囚は、2006年9月、石田育敬・受刑囚(同罪で懲役15年確定)と共謀し、大連空港から覚せい剤約2・5キロ・グラムを日本に密輸しようとして逮捕された。

 08年6月に1審の大連市中級人民法院(地裁)は死刑判決を言い渡し、09年4月、2審の遼寧省高級人民法院(高裁)が赤野死刑囚の控訴を棄却し、刑が確定した。

 中国では覚せい剤や麻薬の密輸に対して厳罰で臨んでおり、刑法では、覚せい剤50グラム以上を密輸した場合には「懲役15年、無期懲役または死刑」を科すと規定されている。

 赤野死刑囚への刑執行をめぐっては、中国側が3月29日、日本に対し、「1週間後に行う」と通告した。関係者によると、刑執行前には、赤野死刑囚の家族2人と友人が面会する予定。中国では刑執行前の死刑囚の面会は一般には認められておらず、中国が日本に一定の配慮を示したものとみられる。

 また、中国側は1日、同じく麻薬密輸罪で死刑判決が確定した別の3人の死刑囚に対する刑執行も行うと通告した。日本政府は、菅副総理が3日、北京で会談した温家宝首相に懸念を表明したが、温首相は「中国の法律に基づくことであり、重大な犯罪でもある」と述べ、麻薬犯罪では外国人にも厳罰で臨む方針を改めて示した。

 ◆中国の司法制度=2審制で最高刑は死刑。汚職や麻薬密売などの非暴力犯罪にも死刑は適用され、執行方法は銃殺や薬物注射。政府は、死刑の判決数や執行件数を公表していないが、国際人権団体アムネスティ・インターナショナルによると、昨年の執行は、数千人にのぼったとみられる。昨年12月には、麻薬密輸罪で英国人が薬物注射で死刑を執行された。

給与・定員、基本権に併せ検討=仙谷担当相−公務員法案、実質審議入り(時事通信)
<海洋観測船>二酸化炭素濃度に異常値 原因は装置の不具合(毎日新聞)
99ドルの手乗りPC発売
横尾忠則さんと渡辺篤史さん、大学教授に(読売新聞)
社会福祉法人経営の問題点を指摘―東京都の経営適正化検討会(医療介護CBニュース)
[PR]
by qttcmsbt9o | 2010-04-12 20:06
 金沢市二俣町の県道脇のがけ下で先月29日、スーツケースに入れられた頭部のない女性の全裸遺体が見つかった死体遺棄事件で、1日夜、金沢中署の捜査本部に男が出頭し、事件への関与をほのめかしていることがわかった。

 同署は男から詳しい事情を聞いている。

 捜査本部によると、司法解剖の結果、女性は20〜30歳代で、推定身長は約1メートル55。死後2週間から2か月経過しているとみられる。

<平沼赳夫氏>4月中にも新党発足 保守の「第3極」目指す(毎日新聞)
ピンハネ、トラブル…急成長する「援デリ」の“うまみ”と“落とし穴”(産経新聞)
自民から参院選出馬カリスマ作家  「2ちゃんねる」に殺害予告(J-CASTニュース)
元厚生次官ら連続殺傷 死刑判決の小泉被告が控訴(産経新聞)
「なぜ役人がランク付け」=会見オープン化調査に不快感−岡田外相(時事通信)
[PR]
by qttcmsbt9o | 2010-04-07 19:26