警備員です、最近ヒマが多くなっています。


by qttcmsbt9o

<   2010年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 岩手県遠野市のあえりあ遠野で20日から行われた第68期名人戦七番勝負(毎日新聞社、朝日新聞社主催、大和証券グループ協賛)の第2局は21日午後7時49分、93手で羽生善治名人(39)が挑戦者の三浦弘行八段(36)を破り、2連勝した。残り時間は羽生36分、三浦29分。第3局は5月6、7日、千葉県野田市の同市民会館・旧茂木佐邸で行われる。

 羽生が踏み込み鋭く攻め込み、三浦に粘る余地を与えずに快勝。3連覇へ向けてリードを広げた。

 横歩取りの中でも激しい定跡をたどった本局は、三浦が自身の研究範囲に羽生を引き込んだ感もあった。だが羽生は動じず、5三桂成(47手目)と強手を放って攻め合い勝ちを目指す。三浦にどこかで誤算があったらしく、羽生が優位に立った。

 羽生は自玉を9筋まで逃がして安全にし、5七桂(71手目)と寄せの網を絞る。最後は後手玉を受けのない状態に追い込み、対三浦戦の連勝を12に伸ばした。【山村英樹】

安藤前知事に控訴審判決へ=宮崎談合・汚職事件−福岡高裁支部(時事通信)
「小沢君は死んでも辞めない」と渡部恒三氏(読売新聞)
辺野古「浅瀬」案 地元は条件次第で受け入れの動きも 首相への不信ますます (産経新聞)
山崎さんシャトル、帰還へ=天候不良で再挑戦−米ケネディ宇宙センター(時事通信)
<天皇、皇后両陛下>武蔵野陵に参拝(毎日新聞)
[PR]
by qttcmsbt9o | 2010-04-24 09:17
 足利事件で再審無罪判決が確定した菅家利和さん(63)は14日、失っていた選挙権を回復した。栃木県足利市選挙管理委員会が同日、選挙人名簿に菅家さんの名前を登録。平成12年7月に最高裁で無期懲役刑が確定して以来、10年ぶりの回復となった。

 菅家さんは「昔は必ず選挙に行っていたので、選挙権が復活し非常にうれしい。今後は足利市民として選挙に行くことで社会に参加したい」とコメントした。

【関連記事】
「治安維持に全力」 宇都宮地検の谷川新検事正が会見 栃木
流した涙、冤罪防ぐ道標に 中立的な第三者機関が必要
裁判員に“真実の声”届くか 弁護側も原点に返る必要性
DNA型鑑定、もろ刃の剣 過信しすぎた「戒め」
「反省に立ち再出発」 栃木県警、署長会議で
外国人地方参政権問題に一石

<掘り出しニュース>銀閣寺、2階内部に漆 創建時の輝きに……ただし拝観不可(毎日新聞)
<強風>北海道で40.6メートル記録 秋田ではけが人も(毎日新聞)
部下暴行容疑、福岡県警警部補を書類送検(読売新聞)
田辺三菱を業務停止…子会社の新薬データ改ざんで(読売新聞)
都の漫画児童ポルノ規制 民主、代案提出を検討(産経新聞)
[PR]
by qttcmsbt9o | 2010-04-21 17:16
 平野博文官房長官は15日午前の記者会見で、米軍普天間飛行場移設問題について「(5月中に)閣議決定か了解かは別にして、何らかの意思は明らかにしなければならない」と述べた。 

【関連ニュース】
岡田外相と米大使が電話協議=普天間
「最大の敗者は鳩山首相」=核サミット、勝者は中国主席
普天間見直し案、正式提起とみなさず=地元合意・軍の運用に問題
「決着」、米と地元の合意必要=普天間移設で鳩山首相強調
首相秘書官が米副長官と会談=普天間移設など協議か

中国電部長が自殺か=原発点検漏れ問題を担当−島根(時事通信)
<野菜高騰>スーパーは出血覚悟の「大放出セール」(毎日新聞)
[タイ]反政府集会が3日目に 血液を首相府前にぶちまける
<文科省職員>女性のバッグから財布 窃盗未遂容疑で逮捕(毎日新聞)
【新・関西笑談】あこがれの果実の味は(1)(産経新聞)
[PR]
by qttcmsbt9o | 2010-04-19 20:27
 【大連(中国遼寧省)=大木聖馬】中国遼寧省大連で麻薬密輸罪に問われ、2009年4月に死刑が確定した赤野光信死刑囚(65)=大阪府出身=に対する刑執行が5日、収監先の大連看守所で行われる。

 中国で日本人に対する死刑執行は、1972年の国交回復以来初めて。中国政府は、別の3人の日本人死刑囚に対する刑執行も8日に行うと日本政府に通告しており、日本人死刑囚への相次ぐ刑執行は、日中関係に影響を及ぼす可能性がある。

 赤野死刑囚は、2006年9月、石田育敬・受刑囚(同罪で懲役15年確定)と共謀し、大連空港から覚せい剤約2・5キロ・グラムを日本に密輸しようとして逮捕された。

 08年6月に1審の大連市中級人民法院(地裁)は死刑判決を言い渡し、09年4月、2審の遼寧省高級人民法院(高裁)が赤野死刑囚の控訴を棄却し、刑が確定した。

 中国では覚せい剤や麻薬の密輸に対して厳罰で臨んでおり、刑法では、覚せい剤50グラム以上を密輸した場合には「懲役15年、無期懲役または死刑」を科すと規定されている。

 赤野死刑囚への刑執行をめぐっては、中国側が3月29日、日本に対し、「1週間後に行う」と通告した。関係者によると、刑執行前には、赤野死刑囚の家族2人と友人が面会する予定。中国では刑執行前の死刑囚の面会は一般には認められておらず、中国が日本に一定の配慮を示したものとみられる。

 また、中国側は1日、同じく麻薬密輸罪で死刑判決が確定した別の3人の死刑囚に対する刑執行も行うと通告した。日本政府は、菅副総理が3日、北京で会談した温家宝首相に懸念を表明したが、温首相は「中国の法律に基づくことであり、重大な犯罪でもある」と述べ、麻薬犯罪では外国人にも厳罰で臨む方針を改めて示した。

 ◆中国の司法制度=2審制で最高刑は死刑。汚職や麻薬密売などの非暴力犯罪にも死刑は適用され、執行方法は銃殺や薬物注射。政府は、死刑の判決数や執行件数を公表していないが、国際人権団体アムネスティ・インターナショナルによると、昨年の執行は、数千人にのぼったとみられる。昨年12月には、麻薬密輸罪で英国人が薬物注射で死刑を執行された。

給与・定員、基本権に併せ検討=仙谷担当相−公務員法案、実質審議入り(時事通信)
<海洋観測船>二酸化炭素濃度に異常値 原因は装置の不具合(毎日新聞)
99ドルの手乗りPC発売
横尾忠則さんと渡辺篤史さん、大学教授に(読売新聞)
社会福祉法人経営の問題点を指摘―東京都の経営適正化検討会(医療介護CBニュース)
[PR]
by qttcmsbt9o | 2010-04-12 20:06
 金沢市二俣町の県道脇のがけ下で先月29日、スーツケースに入れられた頭部のない女性の全裸遺体が見つかった死体遺棄事件で、1日夜、金沢中署の捜査本部に男が出頭し、事件への関与をほのめかしていることがわかった。

 同署は男から詳しい事情を聞いている。

 捜査本部によると、司法解剖の結果、女性は20〜30歳代で、推定身長は約1メートル55。死後2週間から2か月経過しているとみられる。

<平沼赳夫氏>4月中にも新党発足 保守の「第3極」目指す(毎日新聞)
ピンハネ、トラブル…急成長する「援デリ」の“うまみ”と“落とし穴”(産経新聞)
自民から参院選出馬カリスマ作家  「2ちゃんねる」に殺害予告(J-CASTニュース)
元厚生次官ら連続殺傷 死刑判決の小泉被告が控訴(産経新聞)
「なぜ役人がランク付け」=会見オープン化調査に不快感−岡田外相(時事通信)
[PR]
by qttcmsbt9o | 2010-04-07 19:26
 「心も晴れて、完全無罪です」。宇都宮地裁で言い渡された足利事件再審の無罪判決。閉廷後の菅家利和さん(63)は空を見上げ、支援者らの拍手に両腕を上げて応えた。同僚の結婚式に出るはずだった91年12月1日早朝、突然現れた刑事に同行を求められ、連れて行かれた足利署。13時間を超す過酷な取り調べの末、身に覚えのない罪を認めさせられて悔し涙が出た。18年余続いた苦しみの日々。菅家さんはついに冤罪(えんざい)を晴らした。【吉村周平、古賀三男、中村藍】

 ◇裁判官謝罪にうなずき

 「菅家さん、証言台にお進みください」。佐藤正信裁判長にうながされ、菅家さんは2回頭を下げた。再審開始が決まった茨城・布川事件の桜井昌司さん(63)にプレゼントされた赤いネクタイを締め、リラックスした表情。佐藤裁判長は「菅家利和氏に対する本件事件の再審公判における判決を宣告いたします」と告げ、無罪を言い渡した。

 その後、約40分間にわたって判決理由が読み上げられた。「自戒の意味を込めて謝罪させていただきます」。裁判官3人が起立し頭を下げると、菅家さんは大きくうなずき、閉廷後、傍聴席にいた桜井さんと抱き合って涙を流した。

 ◇釈放後も苦しみ増し

 この日、菅家さんは「支える会・栃木」代表の西巻糸子さん(60)の車で自宅を出た。足利市から地裁のある宇都宮市まで1時間40分、夜半まで降った冷たい雨は上がり、薄日がさし始めた。ほころんだ梅に目をやる菅家さん。「春だよね。やっとこの日が来たね」。西巻さんの言葉に深くうなずいた。

 昨年6月に釈放された菅家さんだが、再審公判で無罪が出るまでは「複雑なんです。半分被告、半分自由。本当に不安」と話していた。それでも早期の無罪判決を望まず「『真っ白な無罪判決』じゃなきゃ困る」と一貫して誤判原因の徹底究明を求めた。「私(の足利事件)で終わらせちゃだめなんです。冤罪(えんざい)を繰り返さないための判決をもらい、たすきを次につながないと」

 昨年12月に故郷の足利市に引っ越し、請われるまま全国の冤罪支援集会や講演会に飛び回ってきた。メディアの取材にも積極的に応じている。「1人でいるより、忙しい方がいいんです」。自宅で1人、食事の準備をしている時などに抑えがたい感情が噴き出す。「おとといより昨日、昨日より今日。日に日に苦しみが増していく。刑事に追及される夢をみて、『あーっ』と叫ぶ声で目が覚める」。憎しみと悔しさでうっ屈し「自分を支えてくれる人にも、つらく当たってしまう」ことがあるという。

 子供のころ遊んだ鑁阿寺(ばんなじ)や同僚と散策した行道(ぎょうどう)山。早く帰りたかった故郷には、女児の遺体が見つかった渡良瀬川河川敷もある。田中橋を渡る時、嫌でも目に入る。「死体はどこに置いたんだ」。刑事にどなられ、身に覚えのない犯行を再現させられた忌まわしい記憶がよみがえる。だが、見たくもない河川敷を見てしまうのは「あんな所で四つの子供が殺されて」からだ。

 足利には逮捕後間もなく亡くなった父、服役中に亡くなった母の眠る墓もある。「自分はやっていないから、安心してほしい」。菅家さんは、無罪判決を少しでも早く両親に報告したいと話した。

 【ことば】再審

 有罪確定者に無罪を言い渡すべき明らかな証拠を新たに発見した場合に、再度、裁判をやり直す制度。かつては真犯人が見つかった場合などに限られたが、75年の最高裁決定(白鳥決定)が「明らかな証拠」について「新証拠と他の全証拠を総合的に評価して、事実認定に合理的な疑いを生じさせれば足りる」と判断し、「疑わしい時は被告の利益に」という刑事裁判の鉄則は再審にも適用されることを示した。80年代に免田、財田川、松山、島田の4事件で死刑確定が再審無罪に覆って以降、重大事件で再審が行われることはなかったが、09年に足利、布川両事件で相次いで再審開始が確定した。

 ◇足利事件再審 判決公判までの主な経過

90・5・12 栃木県足利市で女児不明。渡良瀬川河川敷で翌日遺体発見

91・12・2 県警が菅家利和さんを逮捕

93・7・7 宇都宮地裁が無期懲役判決

96・5・9 東京高裁が控訴棄却

00・7・17 最高裁が上告棄却

02・12・25 宇都宮地裁に再審請求

08・2・13 宇都宮地裁が再審請求の棄却決定

 12・24 東京高裁がDNA再鑑定を決定

09・5・8 DNA再鑑定で「不一致」との結果判明

 6・4 菅家さん釈放される

   23 東京高裁が再審決定

 10・21 宇都宮地裁で再審初公判

 11・24 第2回公判。検察、弁護側双方のDNA再鑑定人が証言

 12・24 第3回公判。警察庁科学警察研究所所長が証言

10・1・21〜22  第4、5回公判。菅家さんを取り調べた際の録音テープ4本を再生。取り調べを担当した元検事が証言

 2・12 第6回公判。検察側が「真犯人でない菅家さんを起訴し申し訳ない」と謝罪。無罪論告し結審

 3・26 再審公判で無罪判決

【関連ニュース】
足利事件:再審で菅家利和さんに無罪判決 宇都宮地裁
足利事件:「冤罪の構図」解明は? 26日に再審判決
日弁連:「誤判」原因究明へ、第三者機関設置を提言
裁判員裁判:女性刺殺の被告に懲役15年 静岡地裁判決
三崎事件:証拠品付着の血液、DNA鑑定へ…再審請求中

都内の老人ホーム事業者に破産手続き開始決定(医療介護CBニュース)
政倫審へ小林議員 招致を自公が要請(産経新聞)
パトカーなど衝突 警察官ら2人死亡(産経新聞)
<中国毒ギョーザ>中国政府の対応評価 平野官房長官(毎日新聞)
<警察庁長官>DNA型の試料「面前で封印を」(毎日新聞)
[PR]
by qttcmsbt9o | 2010-04-02 16:27