警備員です、最近ヒマが多くなっています。


by qttcmsbt9o
 ■「みまもり隊」に今月登場

 平城遷都1300年祭のメーン会場となる奈良市の世界遺産、平城宮跡(特別史跡)で昨年、火災やボヤが相次いだことを受け、奈良県警が嘱託する警察犬と指導者らが、「POLICE DOG PATROL」(PDP)を結成し、今月から宮跡のパトロールを始める。警察犬が世界遺産をパトロールするのは全国で初めてという。

 草地が広がる平城宮跡では、昨年、花火やたばこのポイ捨てなどが原因とみられる火災やボヤが8件発生し、一昨年の2件から急増。今年4〜11月には1300年祭のメーン会場として多数の観光客の来場も予想されることから、地元ボランティアや文化庁、県警など官民約10団体が昨年12月に「平城宮跡みまもり隊」を結成、月に3〜4回のパトロールを始めた。

 しかし、その直後の今年1月に雑草火災が発生。奈良署が警戒活動の強化策として、警察犬と指導者にパトロールを依頼した。

 PDPはみまもり隊の一員として、警察犬や訓練中の犬計約30頭が指導者約15人とともにそれぞれ週3〜4回、午前中の約3時間、宮跡を見回る予定で、ほぼ連日のパトロールが実現する。

 パトロールに参加するのは警察犬の中でも「追及犬」と呼ばれる犬で、人の足跡をかいで追跡するのが専門。人を襲ったりかみついたりしないよう、しつけられているという。

 指導者として参加する奈良県生駒市の阿部弘明さん(51)は日本警察犬協会公認の一等訓練士。阿部さんが訓練した追及犬は、全国大会でトップレベルの成績を残している。阿部さんは「警察犬がパトロールしていることを多くの人に知ってもらい、被害が減ってほしい」と話している。

【関連記事】
夏帆、“落ちこぼれ警察犬”にベタ惚れ
来夏公開「きなこ−」 犬に癒され撮影順調
「救助犬」を捜査に生かせ 広がる活動の幅
銃器見つけるワン! 豪州育ちの探知犬2頭、成田空港デビューへ
【アニマル大集合】警察犬、襲われる!?

NPO法人の税優遇拡充へ=「新しい公共」育成で−政府(時事通信)
捜査の推移見守る=鳩山首相(時事通信)
首相、日本郵政社長は「天下りではない」と強弁(産経新聞)
津波の爪跡生々しく…チリ地震後の写真発見(読売新聞)
小沢氏問題、冷静な対応を=民主内の「けじめ」発言−鳩山首相(時事通信)
[PR]
# by qttcmsbt9o | 2010-02-07 01:21
 平野博文官房長官は1日午前の記者会見で、山梨県忍野村の天野康則村長が鳩山由紀夫首相と1月30日に懇談した際、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設受け入れに「協力したい」と伝えたことについて、「ありがたい言葉だと思うが、真意がよく分からない。首相に真意を確認した上で、俎上(そじょう)に載せるか検討したい」と述べた。
 忍野村など3市村にまたがる陸上自衛隊北富士演習場は、普天間飛行場移設先の候補地として、一部で浮上したことがある。 

【関連ニュース】
2日に日米局長級安保協議
普天間問題、首相の対応注視=現行計画履行を要請
海兵隊の移転期限、延長を=大幅な人口増に懸念
嘉手納統合案「望まぬ」=米国防次官補
連立離脱、安易に言うべきでない=社民政審会長

宙に浮く「枝野補佐官」 小沢氏配慮が原因?(産経新聞)
追及1年、巨額資金暴く=「本丸」到達せず−東京地検・小沢氏不起訴(時事通信)
<マサイキリン>大きな赤ちゃん、すくすく−静岡(毎日新聞)
燃料電池の研究拠点視察=鳩山首相(時事通信)
<島根女子大生遺棄>通勤路周辺居住20〜40代の男か(毎日新聞)
[PR]
# by qttcmsbt9o | 2010-02-06 05:40
 国際対がん連合(UICC)日本委員会は世界対がんデーの2月4日、東京都内で「がん予防は子どもから」をテーマに公開シンポジウムを開いた。たばこをやめる、肥満を避ける、がんの原因となる感染を防ぐことなどで「がんは予防できる」との観点から、がんや学校教育の専門家ら6人が講演。会場では医療従事者や教育関係者、一般市民など約120人が熱心に耳を傾けていた。

 「ワクチンで予防する子宮頸がんと肝がん」のテーマで講演した愛知県がんセンター研究所疫学・予防部部長の田中英夫氏は、子宮頸がんの原因物質ヒトパピローマウイルスや、日本で昨年12月に発売された子宮頸がん予防ワクチンなどについて説明した。
 また、高校生などが生物の授業で、細胞、各臓器の位置や働き、ウイルスなどについて学ぶことを指摘。ワクチンで予防できるがんがあることを中高生が理解するために、「これらの情報をお互い関連付けることで、頭に入って行くのではないかと思う」とし、生物などの授業を通じてがん予防への理解が広がることへの期待感を示した。

 大阪府立健康科学センター部長の中村正和氏は「タバコとがん-子どもの未来の健康を守れ」のテーマで、未成年者の喫煙の問題点やたばこ依存症となる仕組みを説明し、喫煙などが「深刻な薬物乱用に進展する入門薬物、『ゲートウエードラッグ』になることが分かっている」と指摘。喫煙防止対策として、「たばこの値上げ」など、たばこを入手しやすい環境の改善を行うことなどを挙げた。

 国立成育医療センター成育政策科学研究部室長の原田正平氏は講演「子どもの生活習慣とがん予防」の中で、年齢ごとの健康対策啓発の必要性を指摘。その上で、「(がん対策などを)やってはいるが、縦割り行政である」「分かりやすい形での啓発が少ないのではないか」と問題点を指摘し、シンポジウムを通じて「がん予防に肥満対策や運動の促進が関係し、それが子ども時代から重要な意味を持つということを知ってもらえたら」と述べた。

 東大大学院教育学研究科教授の衞藤隆氏は「日本の学校教育にみる、がん予防」のテーマで、子どもたちががんについて「学習し得る機会」について言及し、学校教育の中で「がん予防」学習を行うための現実的な策として、学習指導要領に対応した内容の副教材の開発を提案した。

 兵庫教育大大学院教授の鬼頭英明氏は「世界の学校教育にみる、がん予防」のテーマで、米英の健康教育などについて講演した。

 最後に講演した財団法人札幌がんセミナー理事の小林博氏は、「子どもが親を変える-スリランカ10年の経験から」と題して、同法人のスリランカでの活動を紹介。現地の学校で子どもたちが、▽健康のために何ができるかなどを自由に話し合うワークショップ▽ワークショップの結論をニュースレターにして発行-などに取り組んだ結果、子どもたちに共鳴する形で親らの行動変容が起こり、喫煙率の低下、飲酒量の減少などが見られたことを説明した。


【関連記事】
酒量多いほど乳がんに
子宮頸がんワクチン、22日に発売―1000施設以上が採用の意向
たばこ価格の引き上げを緊急提言−がん対策推進協
子宮頸がん征圧「ゴール見えてきた」−専門家会議がワークショップ
コーヒー摂取量多いと肝がんリスク低下−厚労省研究班

木嶋容疑者「すりばち」から睡眠導入剤(スポーツ報知)
【施政方針演説】全文(2)目指すべき日本のあり方「労働なき富…」(産経新聞)
列車事故 特急とトラック衝突 乗客ら25人軽傷 北海道(毎日新聞)
福祉事務所で窃盗被害=事務所窓から侵入か−東京(時事通信)
外国人参政権 長尾教授一問一答「読みが浅かった」 国家解体に向かう(産経新聞)
[PR]
# by qttcmsbt9o | 2010-02-05 08:45
 埼玉などの連続不審死事件に関連し、昨年8月に交際相手の大出嘉之さん(当時41歳)を殺害した疑いで1日に再逮捕された東京都の無職・木嶋佳苗容疑者(35)が所持していた調理器具の「すりばち」から、睡眠導入剤の成分が検出されたことが2日、分かった。

 自慢のお手製料理を紹介していたブログ「かなえキッチン」では、恐ろしいスパイスがレシピに加えられていたようだ。

 埼玉県警は、木嶋容疑者が睡眠導入剤を大出さんに摂取させるためにすりばちで細かくすりつぶし飲食物に混入させた可能性があるとみている。

 大出さんは昨年8月6日に埼玉県富士見市の駐車場で、施錠したレンタカーの後部座席で練炭による一酸化炭素中毒で死亡。遺体から検出された睡眠導入剤の成分は、木嶋容疑者が8月3日に医療機関で処方されたものと一致している。当時、木嶋容疑者は「8月5日に自分の部屋で大出さんと一緒に夕食を食べ、ビーフシチューを振る舞った」と供述。遺体の胃にはビーフシチューが残っていた。

 また、詐欺容疑に関しても新たな事実が発覚した。木嶋容疑者は、結婚話を持ち掛けて複数の男性とやり取りしていたメールのうち、金銭の授受について書かれたものの大半をパソコンから消去していたことが判明。県警は、詐欺が発覚しないように行った隠ぺい工作とみている。木嶋容疑者は大出さんを含む男性6人から合計約1億円をだまし取ったとされている。

 殺人容疑での再逮捕により「婚活詐欺女」から実名報道に切り替わって2日目を迎えた木嶋佳苗容疑者は2日午後、ピンク色の服で顔を覆った状態で車に乗り込み、拘置先の川越署からさいたま地検に送検された。

 【関連記事】
婚活サギ女、調理器具から睡眠導入剤
婚活サギ女、殺人容疑で再逮捕
殺人容疑で女を再逮捕…埼玉婚活詐欺事件
女を来週にも殺人容疑で再逮捕へ…埼玉婚活詐欺

市局長補佐が募金19万円着服、フィリピン人妻の実家に送金(産経新聞)
ビールにパフェ…ファミレスで9時間無銭飲食(読売新聞)
<訃報>渡辺道子さん94歳=弁護士、元日本YWCA会長(毎日新聞)
天皇、皇后両陛下 メキシコ大統領夫妻と会見(毎日新聞)
<国民読書年>開始を宣言 活字文化議員連など3団体(毎日新聞)
[PR]
# by qttcmsbt9o | 2010-02-04 09:27
 民主党の小沢一郎幹事長は1日の記者会見で、資金管理団体の土地取引をめぐり東京地検の2度目の事情聴取を1月31日に受けたことを認めた上、「3時間余りいろんな事項について説明を求められた」と述べた。また、「知っている限りの事実すべて、記憶している事実を包み隠さずすべて申し上げた」と語った。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜ゼネコン側、妨害恐れ献金〜
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
捜査は検察の政権つぶし〜民主・高嶋良充筆頭副幹事長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
難問山積 問われる首相の決断力〜普天間、小沢氏団体問題にどう対応?〜

参院予算委 自民党のヤジに亀井氏「うるさい」 審議中断(毎日新聞)
「いのち守る」政治に全力=景気対策、切れ目なく実行−首相施政方針(時事通信)
偽1万円札で「援交せん?」33歳会社員逮捕(スポーツ報知)
首相演説「労働なき富」に共産委員長が皮肉(産経新聞)
<千葉・市川市>入札参加業者のメールアドレス、見せて送信(毎日新聞)
[PR]
# by qttcmsbt9o | 2010-02-03 10:42